看護師のための求人リサーチナビ【内科編】 > 内科の特徴 > 内科と言っても、専門分野(仕事内容)は多岐に渡ります

内科と言っても、専門分野(仕事内容)は多岐に渡ります


外科的な治療を行わないのが内科という診療科。個人経営のクリニックでもこの診療科目を取り扱うところは多いですし、病院に行く患者側にとっても、どこか体調が悪ければとりあえず最初にこの診療科を受診する人が多いのではないでしょうか。このように、患者さんと医療機関の窓口になるクリニックが取り扱っている診療科目は「総合内科」「一般内科」などと呼ばれていて、幅広い分野を取り扱っているのが特徴です。

しかし、この診療科の仕事内容はそれだけではありません。大規模な病院へ行くとより専門的な診療分野に分かれていて、同じ「外科的処置を行わない」という共通点はあっても、循環器系、消化器系、腎臓系、心療系、神経系などがあります。この診療科目で看護師としてのキャリアを積みたい場合や、ステップアップをしていきたい人なら、こうした専門的な仕事内容の転職先を見つけるとよいでしょう。小規模な病院では専門分野のみを取り扱う内科を探すのは難しいかもしれないので、大学病院や国立病院、大規模な総合病院や救急病院などを中心に、求人募集をチェックしたほうがよいかもしれませんね。

内臓疾患の治療を手掛けるこの診療科では、患者さんの状態によって治療方針も当然異なります。この診療科の中だけでは適切な治療ができないことも多いため、ケースバイケースで、外科など他の診療科と連携プレーをすることで、患者さんに適切な治療を行うことになります。そこで働く看護師も、実務の中でたくさんの症例を見ながら経験を積むことができるので、やりがいを感じられる職場と言えるでしょう。

記事はお役にたてましたか?

もし記事がお役に立てましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連記事

  1. 内科は看護師として一度は経験しておきたい診療科目

    資格を取得したばかりの新米看護師にとっては、いきなり専門性の高い診療科で仕事をするよりは、まず最初に看護の基礎が学べる内科のような診療科で学んだほうが、将来的に応用が効きやすいといわれています。つまり、看護師にとって内科 […]