看護師 求人 内科

*
*

内科に配属希望の看護師が注意すること【転職時のポイント】

看護師のニーズは全国どこにでもありますし、求人も個人経営の小規模なクリニックから大規模な総合病院までさまざま。その中でも求人募集数が多い診療科として知られているのが内科です。求人募集は病棟勤務のものが多いですが、個人クリニックでは外来のみのお仕事もたくさん募集されています。外来と病棟で忙しさや勤務スタイル、募集条件などが異なりますから、求人を見つける際にはチェックしてくださいね。
この診療科は内臓疾患を取り扱っていますが、患者さんは、体調がすぐれない時には、まず内科を訪れることが多いため、病院の規模に関係なく、いつでも忙しい診療科でもあります。そのため、忙しくても冷静にテキパキと仕事をこなせる人におすすめです。お給料は他の診療科と比べるとそれほど高いとはいえませんが、未経験者可の募集もたくさんあるため、他の科目からの転職先として人気となっています。
この診療科は一般的な総合診療を行うほか、呼吸器系、循環器系、血液系、心療系、腎臓系など専門分野に分かれているため、転職を考える場合には専門性もよく考えながら求人をチェックしたほうがよいでしょう。この診療科で専門性を学びたい人なら、専門的な診療科が設置されている病院を選ぶことが必要です。この科目で働くなら、この科目でどんな看護がしたいのか、そして将来の目標やキャリアプランを持つようにしましょう。
この診療科では外科的な治療を行っていないため、そこで働く看護師の職務内容も他の診療科目と比較すると、覚えなければいけないことが少ないので、実務を通じて、早く仕事を覚えやすいという特徴があります。

自分の希望に近い内科の看護師求人を探す方法

内科と一口に言っても、病院やクリニックごとにどんなタイプの分野を取り扱うのかが異なります。個人経営のクリニックの場合には、総合的に広く浅く全般的な疾患を取り扱うことが多いため、そこへ転職する看護師の場合にも、専門的な知識を身に付けて経験を積むというよりは、広い分野で幅広い症例を取り扱うことになります。しかし大規模な総合病院となると、診療科の中でも循環器系、呼吸器系、心療系、血液系、腎臓系など専門分野に分かれていることが多いため、専門的な知識を学びたいという看護師は、病院が特に力を入れている分野をチェックして希望する科に転職する方法もあります。
どこにどのような専門的な診療科があるかは、病院についてのリサーチをすれば、誰でもある程度は知ることができます。しかし、いつどこの病院から求人募集が出るのかは、自分一人で転職活動をしていたのではなかなか把握しにくいもの。それに、たとえ求人募集を見つけたとしても、果たしてその職場の雰囲気や環境が自分のやりたい希望に近いかどうかを知ることは難しいものです。
そこでおすすめなのが、転職支援サービスを使った転職活動です。転職支援サービスは転職サイトや求人サイトと呼ばれることも多く、その中でも看護師の求人のみを取り扱っているサイトを利用するのがおすすめです。こうしたサイトでは、看護師の転職を知り尽くしたプロのカウンセラーが転職活動をサポートしてくれるだけでなく、たくさんの求人の中から絞り込めます。転職となると身近な病院ばかり探しがちですが、たくさんの求人があるので少し離れた病院の求人情報などにも目を向けることができるので、効率よく求人を探すことが可能です。
ただ、新人ナースの場合は、転職する前にこちらを読んでおくことをオススメします。

【内科クリニック】求人の特徴・探し方・働き方について

内科の看護師の求人は、病院ごとに特徴や働き方、どのような人材が求められているのかが異なります。個人経営の小規模な内科クリニックでは、毎日たくさんの外来の患者さんが足を運ぶので、てんてこ舞いの大忙しになることは、言うまでもありません。しかし、小規模な病院ではたくさんの看護師が働いているというわけではな…

【総合病院の内科】求人の特徴・探し方・働き方について

総合病院と言っても、病床をどのぐらい抱えているのか、どのぐらいの規模なのかによって、設置されている内科の役割も大きく異なります。病床を多く抱えている大規模な病院では、内科は患者さんと病院の窓口になります。また、循環器系、呼吸器系、血液系、心療系、神経系などの専門的な診療科が設置されている病院へ転職す…

【大学病院の内科】求人の特徴・探し方・働き方について

大学病院の内科では、たくさんの看護師が働いていて、資格を取得したばかりの新米から経歴何十年のベテランまで、幅広いレベルや実力の看護師が揃っています。そうした環境の中で働くことは、自分の実力がどのレベルでも、適切な仕事を与えてもらえるということ。個人経営のクリニックなどでは、1人のスタッフに与えられる…

内科を希望する場合は、夜勤についても詳しくチェック!

どの診療科目へ転職するかに関わらず、内科病棟がある病院へ転職する場合には、外来専門の看護師として転職するのでなければ、夜勤も当然ついてきます。病棟勤務をする看護師にとっては、夜勤は切っても切れないもの。独身でキャリアアップやステップアップを目指して頑張りたいという人なら、どんなシフト勤務になっても意…

内科の看護師求人に応募する前に~志望動機は明確に!~

他の診療科目と比べると、覚えなければいけない知識や技術なども比較的少ないため、経験がない人や数年間のブランクを経て復職する人にとって働きやすいといわれている内科。求人募集もたくさん見つけることができますが、求人数が多ければ必ず自分が採用されるというわけではありません。同じ看護師のお仕事でも待遇や収入…

長期ブランクから内科に復職するのは良い選択!

看護師の資格は持っているけれど、結婚や出産、育児などのために仕事を何年も離れているという人は少なくありません。育児中などの事情により仕事をせず、資格を活かせていない人は潜在看護師と呼ばれていて、全国になんと55万人以上もいるといわれています。全国的に深刻な人材不足に陥っている昨今の医療業界ですから、…

内科は看護師として一度は経験しておきたい診療科目

資格を取得したばかりの新米看護師にとっては、いきなり専門性の高い診療科で仕事をするよりは、まず最初に看護の基礎が学べる内科のような診療科で学んだほうが、将来的に応用が効きやすいといわれています。つまり、看護師にとって内科という診療科は、一度は経験しておきたい科目なのです。 患者さんの体調が悪い…

内科と言っても、専門分野(仕事内容)は多岐に渡ります

外科的な治療を行わないのが内科という診療科。個人経営のクリニックでもこの診療科目を取り扱うところは多いですし、病院に行く患者側にとっても、どこか体調が悪ければとりあえず最初にこの診療科を受診する人が多いのではないでしょうか。このように、患者さんと医療機関の窓口になるクリニックが取り扱っている診療科目…